· 

【講座のご案内】スタンス理論講座開催

施術者にとっての道具は手だけではなく、身体全部です。施術者の身体の使い方を自身の骨格からバランス良く使いこなすには?を学びます。 受講後は「技術の安定感が増した!」とお客様からお褒め頂くとのお声を頂くこの講座。またセラピストの在り方を大切にする当スクールならではの、セラピーやお客様への想いや向き合い方も変わったと参加者様よりお声を頂いています。

お持ちの技術にスタンス理論を活かせる事が出来る様ご指導しています
お持ちの技術にスタンス理論を活かせる事が出来る様ご指導しています

 

『施術後に体が痛くなる、だるくなる』

『膝や腰に負担が掛かっている気がする』

『お客様からもっと強くしてほしいと言われる』

『モミ返しが来たと言われてしまった』

 

などなど…。施術者ならではのお悩みを抱えているセラピストさん。それは身体の使い方、つまり施術スタンスに原因があるかも…。

 

物事には全て理由があります。なぜ施術中に腰が痛くなるのか、終わった後に背中や腕が重くだるくなるのか、息が切れて疲れてしまうのか…。

 

そもそもの骨格や筋肉を無理に使っているかもしれません。実はそこに普段からの姿勢も関わっていたりします。スタンス理論では、まず骨格模型を使って『バランスの取れた姿勢』を学び、それを施術にどう生かしていくのかを理論的にお伝えします。

 

 

 

腰と首を痛めるNG例
腰と首を痛めるNG例

そして『フワフワの吸い付くような柔らかな手』は、どんな手でも可能です。手が固くなったり、密着しずらいのは手のせいではありません。手を使いこなすには、つながっている腕や、肩、肩甲骨、胸、背中など、身体のバランスを少し整えてあげるだけで、「自分も開放されるように」自由に手が使えるようになります。

 

このスタンス理論講座は「新しい手技」を学ぶための講座ではありません。皆さんが今まで培ってきた大切な技術を尊重しながら進めていきます。『ご自分がお持ちの手技にスタンス理論を当てはめてやってみる』その為の講座です。

その為、すぐ実践できることから実際に、その当日からお客様に「あれ!やり方変えた?」「すごく気持ちよかった!」と言われました!と参加者様より嬉しいお声も頂いています。

 

 日本人の骨格や体型に合った施術方法を研究してきたAtsu式スタンス理論。アロマトリートメント、ロミロミ、バリニーズ、スウェデッシュ、リンパトリートメント、痩身、マタニティ、エステ…様々な手技の方が今までにご参加下さいました。レッスン中から、「体が痛くない!」というお声、「手が柔らかくなった!」とあちらこちらから聞こえてくる講座なのです。 

 

スタンス理論講座の詳細はこちらから

 


スタンス理論を学ぶポイント

▶自分の技術の目的を再構築

▶身体を痛めない、全身を無理なく使いこなす為の理論

▶お持ちのオイル塗布技術で密着感を向上させる 

  

スタンス理論とは

スタンス=姿勢は施術者にとって最も重要なモノです。体の使い方ひとつで、痛めたり怪我をする事もあります。逆に体重のかけ方の原理や自身の骨格を理解して施術をする事で、自然な呼吸で楽に施術が出来るようになるのです。さらに、自分に合った最も自然なスタンスを手に入れることで、密着感が増すことをご存じですか?

 

身体に負担をかけないスタンスは手が柔らかくなります。そして深く重みを掛けてもクライアントの身体を痛める事が無いのでモミ返しが起こりにくくなります。本当にちょっとしたコツで身に付けられます。目指すは、触れた瞬間から気持ち良い!感動の技術。Atsuは触れる気持ち良さを追求した技術です。リラクゼーション本来の目的は癒しと気持ち良さ。

 

講師関口智子が15年かけて研究したどこにもないオリジナルメソッド理論です。スクールメインの技術、ジャパニーズオイルセラピーAtsuのベースになる技術を、惜しみなくシェア致します。

 

 

こんな方へ受講をおすすめします

 ▶スクールを出てから自己流になってないか不安

▶施術をすると体が痛くなる…

▶いつまでも力んでしまうので施術後どっと疲れが

▶揉み返し無く深い圧が加えられるようになる

▶気持ちいい!ってお客様に言ってほしい!

 

スタンス理論講座お申込フォーム

受講お申込を心よりお待ちしております。
*再聴講希望の方も喜んでお受付致します。先にお申込頂いていた場合でもご新規様優先となります。見学のみになる場合もございます、予めご容赦下さいませ><。

スタンス理論講座の開催日時・詳細はこちらから

メモ: * は入力必須項目です