ジャパニーズオイルセラピーAtsu(あつ)とは


日本人セラピストの為に考案したオイルトリートメント

日本のリラクゼーションのオイルトリートメントは海外から輸入されたものがほとんど。欧米からはアロマトリートメント、リンパドレナージュ、スウェディッシュトリートメント、アジア・ミクロネシアからはバリニーズやヒロット、ハワイアンロミロミなどが代表的です。私も初めて学んだオイルトリートメントはハワイアンロミロミでした。自然のエネルギーとクライアントを心から大切にするロミロミは世界で最もスピリチュアルな施術ともいわれ、日本人の心に通じるものがあります。

ある時気付いたのは、施術にも地産地消があるという事。その土地で生まれた施術は現地の人がやりやすい体勢があり、その土地の人の身体に合った施術を行っています。日本式にアレンジされた施術もありますが姿勢や手技の方法は現地そのままで行う事がほとんどで、多くの日本人セラピストさんが無理な姿勢から体を痛める事もあったのです。

 

体格が以前よりは大きくなったと言われますが、海外から見ると日本人はまだまだ華奢で小柄です。また日本人が好む圧をかける為にどんな姿勢でオイルトリートメントしたら安定するのだろう…と研究しはじめたのがAtsuの芽になっていったのです。

 

 

日本の良さを取り入れる

 

日本にはおもてなしの文化が根付いており、丁寧な所作、立ち居振る舞いにも表れています。相手を慮る(おもんばかる)所作を意識した施術を行う事で、クライアントの安心感、セラピストへの信頼がグッと増すことが分かりました。 触れ方、声のかけ方、シーツの整え方、何気ない動作に心を込める事でセラピストがまとう空気がガラッと変わるのです。手から伝わる愛情を確実にお客様に伝える為に。Atsuのメソッドに技術として取り入れています。また丁寧な指圧、禅の心につながる呼吸法や東洋医学の観点を施術に組み込むことでより和の心が伝わる施術になったと自負しています。

 

 

揉み返しの無い施術を目指して

Atsuでは深く深く筋肉と骨に浸透していくような圧をゆっくりかけていきます。静かに沈み込むような圧は施術部位だけではなく全身に響いてくる心地良さ。その圧の深さは一定に最初から最後まで心地良さが続くのです。。独自のスタンス理論がセラピストの手の緊張をほどきフワフワに柔らかくします。その柔らかい手と共に筋肉の走行や起始停止を理解して行う施術はクライアントの身体を傷つけません。手から伝わる優しさながらダイナミックな深い圧は『一度受けたら忘れられない』と仰る方が多いのです。

 

 

関節の隅から隅まで。どうせ触れるなら全て気持ち良く!と合言葉に究極のリラクゼーションオイルトリートメントを目指してAtsuの研究は今でも続いています。 

 

 

日常の姿勢が不定愁訴を作る?

 

セラピストの身体を痛めない姿勢(スタンス)を研究するうちに、身体のコリや部位の痛みも日常の姿勢(スタンス)にあるのではと考え始めました。調べれば調べるほどに姿勢の大切さを説く本が多いのです。人間の骨格にまとう筋肉の痛みを軽減するには、骨格そのものを正しく使う事が不定愁訴を減らすのではと考えています。姿勢がもとで呼吸が浅くなったり、冷えやむくみに繋がっているケースもあるのです。筋肉を鍛えるのも大事ですが、日常の身体の使い方を意識する事でもっともっと楽に生きる事が出来ます。

 

Atsuのカウンセリングではクライアントの姿勢チェックも行い施術の流れを組み立てていきます。更に東洋医学のチェック表を使ってよりクライアントに沿った施術を心がけています。