セラピスト

関口智子 Tomoko Sekiguchi

1969年生まれ

埼玉県さいたま市在住

 

某大手リラクゼーションスクールにて全国のリフレクソロジー、ロミロミサロンのプロスタッフ育成担当のインストラクターとして勤務。2004年に癒しの自宅サロン「Natural Happy」として独立。自宅サロンの先駆けとして「初めての癒しサロンBook」に掲載させて頂いた事で全国からお客様の集まるサロンに。

 

その後ご縁あって福祉総合企業の岩盤浴・スパ事業の立ち上げ、マネジメント、スタッフ育成などを一手に行う。その間、自然食カフェ事業、産院内のアロマトリートメント事業、福祉施設へのボランティア技術の提供も並行して行う。2009年クオリティ高いセラピスト育成を志し「Natural Happy」自宅サロン&スクールを再スタート、全国出張も展開。2012年11月、セラピストのプロ意識向上を目指し「自宅サロン協会」を発足。今に至る。育成に関わったセラピストさんの数は4000人を超える。

 

長年セラピストのスタンス理論の研究を続け、身体を痛めないだけでなく、安定感、深い密着感、呼吸とリズムがスタンスと深く関わっている事を発見。また愛する日本伝統文化やおもてなしの心を技術に融合させたいとジャパニーズオイルセラピーAtsuを開発。技術は自分そのものと考え、セラピストの生き方、在り方をAtsuを通しての一生のライフワークとしている。

 

 

講師としてのプロフィールはこちらから

 

 

 

Atsuから始まるハッピースパイラルを!

 

元気があれば何でもできる!というあの有名な言葉。
もはや座右の銘と言っても過言では無い位、大好きな言葉です。

 

AtsuStudio Japanがクライアント様と共に目指したいのは「いつでも元気!いつでもご機嫌!な自分」である事です。

 

スマホやパソコンが当たり前に日常に浸透している今、呼吸が浅くなったり眠れなくなる方が増えてきました。それはまさに自律神経やホルモンバランスの乱れからと考えています。

 

私もセラピストながらパソコン仕事が大好きで上記の様に感じる事もシバシバ。そこで呼吸法(瞑想)を日常から取り入れ、呼吸がしにくい姿勢を改善し、あんなに辛かった首や肩コリが今ではほぼありません。

 

自分が辛かったからこそ探求し続け、ようやくそれらを融合したAtsuという技術に辿り着きました。もちろんリラクゼーションは気持ち良さが大事というポリシーもあります。「触るなら全部気持ち良くして欲しい」というこれも自らの願いを技術に取り入れました。お陰様で、Atsuファンが全国にどんどん増えています。

事前のカウンセリングや、ちょっと意識するだけで体が楽になる姿勢改善、食事のアドバイスなど、クライアント様の未来の笑顔を想像しながらお話をさせて頂いています。

 

笑顔は周りの人も笑顔にします。

AtsuStudioJapanから始まるハッピースパイラル。

そんなサロンを目指しています。

 

最後までお読み下さりありがとうございました。

心から感謝をこめて。

関口智子